広まちづくり新聞(ウェブ版)

2017年5月19日(金) 広まちづくり推進協議会(随時発行)

広の元気人を紹介

広の元気人「ともに学ぼう広のまち委員会」

DSC_0099-01
今回は,「ともに学ぼう広のまち委員会」をご紹介します。

DSC_0127-01
佐々木元さんのご紹介
 ***広体育協会会長,呉歯科医師会副会長を長年努め,呉バスケットボール協会副会長でもあり,ご自身も市民バスケットボールチームの現役選手。同級生とのおやじバンドで思い出の曲を演奏も。映画,舞台,美術作品などの芸術鑑賞,伝統文化にも興味を持つ,多彩な佐々木さん。郷土愛,特に将来を担う青少年教育に情熱を注いでいます。
 会員は現在7名。佐々木さんは,「ともに学ぼう広のまち委員会」の委員長として,郷土愛を育む取り組み方法の具体化や会の方向性を決定しています。

テーマは「愛ひろ心」

DSC_0177-01
「ともに学ぼう広のまち委員会」を結成したきっかけは?
 広は転入者が多い地区,にもかかわらず地域の生活文化や伝承文化を伝える機会が少ないことを感じていました。
 地区住民の郷土愛を育む取り組みをはじめることで,広のまちを好きになってもらい,誇りを持ってまちづくりを進められる人材を育てていきたい。そうした思いから同志を募り,「温故知新」広の先人の偉業を学びあうことで,「郷土愛「愛ひろ心」を育む」をテーマにこの会を結成しました。

広まちづくりセンター歴史講演会
広まちづくりセンターでの歴史講演会
講師の古谷健さん
講師の古谷健さん

これまでの会の活動は?
この会では,
・郷土愛を育む取り組み
・郷土の伝統文化である「広地区教育祭」に取り組む住民の情熱の喚起
・広地区の青少年に,郷土に誇りを持ち,自分の生き方を学ぶ手法の提示
・広まちの歴史資料の整理及び編纂

に主眼をおいて活動をしています。
 25年度には,広地区教育祭で歴史講演会「愛ひろ心」を開催,地区内の小学校,中学校でも開催しました。
 また,会の結成時から集めてきた「ひろ」に関する歴史資料を広まちづくりセンターに集約し,地区の皆さんが学べるように資料整理しています。
 今後は,その資料をまとめた,「平成のひろ郷土読本」の編纂に着手し,広まちづくりセンターでの「ふるさと歴史講座」を開講していきます。

DSC_0160-01
やりがいを感じるときは?
 「今まで知らなかったことが分かった,学べた」「普段身近にみていたものの由来を知った」などの驚きの声を聞いたり,かつての郷土の話をする時,小学生の目がキラキラ輝いているのを発見した時などとてもうれしいです。
 会の活動のなかで,多くの方からあたたかいご協力をいただいています。その皆さんから「故郷ひろ」を知りたいという思いや活動の持続への期待感を感じます。
 これまでも広地区にお住いの方,通勤通学者,他郷へ出られた出身者とも関わりを持つことが多いですが,特に広地区の学校にお勤めの教職員や通学する高校生,大学生たちとも手を取り合っていきたいと思っています。

広についてどう感じていますか?
 広地区は,気候温暖で住みやすいまち,ほどよく街でほどよく田舎,閉鎖的な空間でありながらも人材の宝庫,しかし,その財産を生かし切れていないと思います。
 もっと日本の文化や広の歴史を大切にし,まちとして統一意識を持って発展性のある生活空間であってほしい。また,広からスポーツや科学等の分野で日本や世界へ羽ばたく人材が育つまち,健全な青少年の育成,人々が協力し合い,助け合う相互扶助のまちになってほしい。
 私たちみんなの活動が,将来ノーベル賞受賞者を誕生させられたら,そんなまちづくりをしていきたいですね。

DSC_0249-01
皆さんにひとこと
 「ともに学ぼう広のまち委員会」のメンバーと一緒に郷土愛「愛ひろ心」を育んでいきましょう。

次回の歴史講演会「愛ひろ心」の発表内容を吟味する会員のみなさん
次回の歴史講演会「愛ひろ心」の発表内容を吟味する会員のみなさん
 
 歴史講演会「愛ひろ心」をはぐくむ を開催します。
 ***「ともに学ぼう広のまち委員会」では,今年も,第66回広地区教育祭「歴史講演会「愛ひろ心」をはぐくむ」を開催します。また,同日は,広地区教育祭実行委員会による広地区の教育・文化の向上に寄与した方を表彰する「教育功労者表彰式」も行われます。地域の皆さんと一緒にその功績を讃えたいと思います。
 皆さんのご来場を心よりお待ちしています。

入場無料,平成26年11月23日(祝・日),13:00~13:40,広市民センター3階ホール
講師:古谷健さん(昭和西小学校教諭)
演題:「なぜ?広は教育第一のまちといわれているの!?」

歴史講演会 「愛ひろ心」をはぐくむ


2014年11月11日(火)紹介
ホームページ制作 広島・呉・東広島